この記事に辿り着かれたということは、グーグルアドセンス(Google AdSense)に合格されたか、新しく収益化したいドメインが審査通過し、これから頑張るぞ!

↑今ココという感じでしょうか。

もしくは、グーグルアドセンスを初めてで何を設定したら良いか。

さっぱり理解できない…。

といった方が多いでしょう。

そこに「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」

焦りますよね、でもご安心ください。

かなり簡単です。

今回ご紹介する解決方法は、実はいくつもあります。

そんな中で、一番簡単で無駄な作業をしないを基本にして、解説いたします。

ads.txtを用意

まずはads.txtを用意しましょう!

アドセンスの管理画面にログインした途端、

赤い背景に「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」

と注意バナーが出ています。

かなり焦りますが、これは警告でもあり、ありがたいお知らせなんです。

この赤いバナーに「今すぐ修正」と記載されています。

無くても、この赤いバナーをクリックして、次のものを表示させます。

この警告の詳細を表示させると、Google先生はちゃんと用意してくださっています。

「ダウンロード」という文言のリンクがあります。

今までは、設定をしなければならなかったのですが、ダウンロードすればOK。

これでads.txtの準備完了です。

ダウンロードすれば、WindowsやMacなどのダウンロードフォルダに入っています。

確認していただければ、ads.txtというファイルが存在しているかと思います。

(インターネットブラウザからのダウンロード先を他に設定している場合は、そこに辿り着いたらads.txtファイルが保存されています。)

さて、ads.txtの用意が完了したので、次のステップです。

FTPで運営しているドメインの階層直下にアクセス

FTPといえば、すぐにアレか!と理解できる方と、なんやそれ?と思われる方の2分されると思います。

大丈夫です。

最後に分からない方のために解説をしているので、まずは基本的な流れを掴んでいただければOKです。

FTPでドメインにアクセスしましょう!

警告に該当のドメインが記載されています。

そのドメインの階層に入って、先ほどダウンロードしたads.txtのファイルをアップロードすれば、解決です。

これで後日、アドセンスの管理画面にログインすれば、何事もなかったかのように警告は消えているので無事解決します。

グーグルアドセンスの警告がいつ消えるのか?

警告が出てから対策して、次の日に警告は消えます。

ワードプレス(WordPress)をご利用の方

ワードプレスといったCMSを利用してブログやWebサイトを運営している方は、意外とサーバーの知識が無い方が多いのも事実。

なぜなら、FTPソフトをほとんど使わないからです。

サーバーでFTPソフトを利用することはほとんど無いため忘れたか、知識が無いことでしょう。

まず、ご自分のレンタルサーバー会社のFTP接続について確認してみましょう!

FTPソフトをダウンロードしていない方は用意しておきましょう。

すでに利用しているならOKです。

各自でFTPで自身の運営しているドメインにアクセスしましょう!

そこで、ご自身がドメインをアップロードしている階層にアクセスします。

そこへ、ダウンロードしたads.txtをアップロードします。

これだけ!

ads.txtをドメインの階層直下にアップロードして完了です。

ads.txtの解決方法を簡単にまとめると?

ads.txtを設置してくださいはドメイン直下にFTPでads.txtファイルをアップロードするだけ!

これが解決方法です。