Amazon Primeに登録していますか?

まだ知らない方はコチラでちょっと確認しておきましょう。

世の中では、プライム会員と言われていたり、アマプラなどの略語が生まれています。

私自身もAmazon Primeを契約して丸1年になりました。

なぜ、Amazon Primeに登録したかという経緯は、やはり値段以上の魅力的なプラン。

Amazonでないと買えない製品

個人経営を行なっているShibaEmonでは、多くのガジェット製品やパソコン・カメラなどをAmazonで取り寄せることが多いのです。

たまに、楽天やヨドバシ.comなども利用しますが…

ほとんどAmazonですね^^;

地方に住んでいると、仕事で使える製品がなかなか売られていないことが多々あります。

店舗購入は実物を見て買える安心感がある

都会に行くとヨドバシカメラやビックカメラ、ジョーシンなどがありますが、地方の味方といえばヤマダ電機やエディオン。

意外と安く手に入る製品もあったり、お得なポイント還元などが発生し、良い感じに買えますね。

そして、現物を見て購入できるので安心感があります。

また、知らなかった製品に偶然にも出会えたり、分からないことがあれば専門の担当者と相談しながら納得して手に入れることができますよね。

ただし、話題になっている新しいプロダクトやニッチすぎるけどプロ御用達の製品などは手に入れることが難しいのも事実。

そこで、通販という選択手段になるのです。

プライム会員は対象商品が配送料無料

まず、プライム会員になると多くの製品が無料配送になります。

通販といえば無料配送でないと、正直購入へと感情がなびかないのも事実。

分かります。

プライム会員はプライムビデオと言われる映像コンテンツが無料で見放題

プライムビデオには、映画・アニメ・ドキュメンタリー・海外モノ・Amazon限定作品などなど。

正直、素晴らしい作品が多く、レンタルビデオや地上波で視聴するよりも最高です。

ただし、作品には視聴できる期限があるので、観たい作品がずっと観れると言う訳ではありません。

代わりに、今まで見逃していた作品タイトルや去年あたりで話題になった映画がすぐに見ることができると言う、嬉しい仕様になっています。

プライム会員の詳細はコチラ

プライム会員はプライムミュージックと言われる音楽が聴き放題

あまり知られていない特典なので、多くの記事にも紹介されていないので、ここで紹介いたしますね。

そう、音楽が聴き放題なんです。

これも、プライムビデオと同じで聴ける音楽と購入が必要な音楽があるのですが、最近聴くような有名な曲や、作業中に聴ける素敵な楽曲もどんどん追加されています。

プライム会員になれば、配送料無料・動画無料・音楽無料で楽しめます。

プライム会員は指定の書籍やコミックが読み放題

Kindle = キンドル という言葉は聞いたことがあるでしょうか?

つまりは電子書籍というものです。

紙の本ではなく、パソコン・タブレット・スマホなどで本を読むことができるのです。

プライム会員では、まだまだ読める作品が少ないのですが、もし気になるタイトルがあればプライム会員になって損することはないでしょう。

私の場合は、まんまとKindleの便利さにハマりプログラミングの書籍を購入してしまいました…

なんで、プライム会員だと沢山の無料コンテンツが楽しめるのか?

Amazonは顧客優先を理念にしている&実際には無料から有料への誘導がマーケティングとして考えられているため。

まぁ。

この業界が長い私にとって、打算的に考えてしまうのですが、これらを踏まえても入って損することが無い数少ないサービスだと考えています。

Amazonはデメリットも沢山ある!これだけは気を付けるべきポイント

Amazonで挙げられる代表的なデメリットは、梱包の汚破損・製品初期不良の対応・偽レビュー・怪しい中華製品・著作権的にグレーもしくはアウトな製品などなど。

これは非常に問題になっています。

まず、Amazonで商品を購入する時は、必ず注意しなければならないポイントが多々あります。

ネットリテラシーや嘘を見抜く目が必要になってきますが、これは一朝一夕では身につくものではないと思います^^;

代表的な注意ポイントを紹介しますので、出来るだけ失敗のないような買い物を楽しみましょう!

ただ、これだけ注意してもアタリを引いてしまうことがあるのも事実です。

どうしても100%防ぐことができませんので、ある程度の対処も想定しておきましょう。

やたら5つ星のレビューが多い

本当に良い製品であれば、星がつくのも頷けます。

しかし、5つ星が100や200も付いているような製品は慎重になった方が良いです。

まあ、その辺も対策済みでワザと星を少し下げたりして信用を得る場合もあるので注意が必要なのですが…

そこで見分けるポイントとして。

レビュー内容に怪しい日本語

恐らく日本人であれば、違和感に気がつくはず。

「てにおは」や接続詞、語尾などが外国人特有の言い回しになっている文章を読んだことはないでしょうか?

一つでも見つけたら、ちょっと警戒した方が良いです。

最近は誤字や日本語自体怪しい日本人もいるのは仕方ありませんが…

〇〇最新はやめとく

個人的な意見なので、良いと思った製品であれば試すのも、それぞれ個人の自由です。

が、

最近よく見かける製品画像や説明文に『令和最新』や『進化版』など、正直日本人でもそんなキャッチコピーは使わないよね。というページを見かけます。

パッケージ汚破損

まだ、私は遭遇したことがないのですが、配送時もしくは発送時に箱が潰れてしまっていたなどのクレームもあるようです。

念の為中身の動作確認もしたいところですが、その前に交換か返品をAmazonに依頼することも大切です。

丁寧に対応してくれるのは、とてもよく聞くことなので良さそう。

怪しいと思ったら一旦保留

Amazon自体も製品が溢れすぎていて、いちいち出品者の検挙ができていないのも事実です。

怪しいと感じたら一旦保留にしておくことも大切です。

欲しいものリストに追加しておいて、やっぱり必要だなと感じたらポチッと購入すると散財せずに済むでしょう。

そして、一ヶ月置いておくと本当に欲しいものだったのかという疑問が生まれて、購入をやめているケースがあります。

ミニマリストを目指したり、無駄な出費を控えることにつながるので、一つのアドバイスだと思って参考になれば幸いです。

以上のことを踏まえて、楽しんで買い物を行いましょう!

今回ご紹介したAmazon Primeの詳細を貼っておきますので、ご興味ありましたらぜひ!

ちなみに、動画を観るためにアマゾンプライム会員になっても、全てのプライム会員の恩恵が受けられます。