Apple公式サイトで初売りが行われましたが、買いすぎそうでかなり危ないなと感じたので、その備忘録です。

Apple製品を購入するとしたら、皆さんはどこにしますか?

Apple公式ストア

Amazon

楽天

ヨドバシカメラやヤマダ電機などの家電量販店

携帯ショップ

などなど、思いつくかと思いますが、Apple公式ストアにしかない特典も色々あります。

例えば、無料で刻印を入れてくれるサービスや、Wifi(ソフトバンク)一年間無料とかそれなりに魅力的です。

初売りなどでは、独自のサービスを行なっていますし、配送方法もしっかり決まっているので、安心できます。

そこで、購入をする際に、これは消費者目線で危ないなと感じた点。

Apple公式サイトで買う時の注意点

初売りでは最大18,000円分のギフトカードをプレゼントするというキャンペーンを行なっていました。

おお!と思って早速、注文を行なって見ようとポチポチしていきました。

すると、購入時の確認画面で、18,000円を引いた金額とギフトカード18,000円が両方書かれていたんですよね。

これAppleの売り方に親しみがない人にとっては、18,000円×2で36,000円お得になるの?と一瞬喜んでしまいそうになります。

ここで気をつけなければならない点として、Appleの公式ストアでは、ギフトカードを引いた時の価格が〇〇円になるくらいお得に購入できるよ。という意味合いになるという点です。

実際に18,000円を商品代金から引いたわけではありません。

でも、なぜか合計金額のところでギフトカード分を差し引いた金額で表示しているんです。

その表記に関しては、注意点も書いてありません。

結構、ギリギリな表記方法だなと感じました。

実質〇〇円引きという罠…

ギフトカード18,000円分をつけてあげるから、次回何か買ってね。

そうすれば実質18,000円引きと一緒でしょ?

ということになる訳です。

画面表示を見るとちょっと考えないと、めっちゃお得やん!買おう!ってなってアレ?値段変わらんぞ?となります。

そして、よく勘違いされる点として、Apple StoreギフトカードとApple Store&iTunesギフトカードも紛らわしいので、よく迷われがちです。

用途もですが、運営会社もApple Japan合同会社とiTunes株式会社で違うという…

2種類のギフトカードは何に使えるのか?

Apple Storeギフトカード

主に、MacやiPadなどの製品を購入する際に使えるギフトカードです。

Apple StoreやApple公式サイトで製品やアクセサリを購入するためのギフトカードという認識です。

Apple Store&iTunesギフトカード

いわゆるiTunesカードと呼ばれています。

Apple Store&iTunesギフトカードはアプリなどの購入に使えるギフトカードとなっています。

インターネット上でデジタルコンテンツを購入するためのギフトカードという認識です。

App Storeなどで課金ゲームや有料アプリを購入するときなどですね。

名前がすごく紛らわしい。

紛らわしいから、多くの買い間違えが発生しているようなので、皆さんも気をつけましょう。

間違えても返金が効かない場合もあるので、買う前になんの用途で必要なのかを明確にすべきです。

正直、最初 うん?どう違うの?と思うほどに分かりづらいです…

初めて公式サイトで購入する場合は、独特の雰囲気のある公式Appleストアで間違わないように、もといテンション上げすぎてミスしないように気をつけましょう!