Google広告の審査が通らない!という方に注意していただきたいのが、申請時のドメインについてです。

今回は、Google広告を出稿する際の注意点をご紹介いたします。

ちなみに、以前はAdwords(アドワーズ)と言われていましたが、最近ひっそりとGoogle広告という名称に変わっているので、今後の検索する際は注意ですね。

結論 Google広告はサブディレクトリならOK!

Google広告の基準として、「広告グループ 1 つにつき 1 つのウェブサイト」という原則があります。

>> Google広告公式サイトはこちら

すなわち、一つの広告(キャンペーン)を出稿する際は、トップレベルドメインとそのサブディレクトリなら大丈夫なのです。

広告グループとは、キーワード・広告・入札単価のセットのことで、1グループにつき1ドメインで管理する原則になっています。

例えばですが、ShibaEmonが運営しているドメインで申請したとします。

shibaemon.com ←これがトップレベルドメイン

ここで、広告ページとしてサブドメインにページを設定してしまうと、審査が通りません。

〇〇.shibaemon.com ←これがサブドメイン

ですが、サブディレクトリを申請すれば、余程の出稿条件に不具合が無い限り通ります。

shibaemon.com/〇〇/ ←これがサブディレクトリ

これなら、一つのグループ内で広告審査が通ります。

Google広告を運用したい場合は、トップレベルドメインとそのサブディレクトリの運用をオススメします!