ShibaEmonでは、ワードプレスサイトのテーマ開発をLocal by Flywheelを使用しています。

今までは、MAMP環境を用意する必要がありました。

ところが、このソフトを使うことでボタン操作のみでワードプレスの開発環境が手に入ります。

Webデザイナーの方であれば、コマンドを打たなくても良いので、とてもありがたいシステムですね!

Local by Flywheelはバックアップデータがあれば、簡単に再構築が可能!

パソコンを初期状態にした際に、『Local by Flywheelの制作データをバックアップしていたら、再度同様の環境で制作が開始できる』という素晴らしい恩恵を受けることができます。

私は、最近パソコンの不具合を感じ、全てをバックアップした後に初期状態にしました。

そこで、今まで開発していたワードプレスサイトをLocal by Flywheelで復活させるのに調べていたところ、めちゃくちゃ簡単でした。

私の開発環境では保存しているフォルダの場所は以下です。

/Users/ユーザー名/Local Sites

このLocal Sitesフォルダ内にワードプレスの制作データがプロジェクト毎に生成されます。

今まで制作してきたデータを復活させるためには、プロジェクト単体のフォルダをZip化させてLocal Sitesフォルダ内へ保存します。

Local by Flywheelの上部にあるタブメニューからFile/Import Siteを選択し、先ほど生成したZipファイルを開いたら復活します。

簡単ですね!

Gitのようなバージョン管理システムと同様で、複数人で同じファイルの共有を行うことができるので、とても嬉しい機能です。