Mac OS Mojave以降を使っている方は、スクリーンショットの保存先が簡単に変更できるので、設定方法をご紹介します!

スクリーンショットAppと説明されているところから、スクリーンショット機能は別アプリとして作動するようになっています。

デフォルトの保存先はデスクトップか書類

スクリーンショットを保存した時のデータはデスクトップか書類に保存されています。

ほとんどの場合はデスクトップですが、知らないうちに書類へ変更していたなんてこともあります。

Mojave以降は超簡単!

今回はMac OS Mojave以降であれば、簡単に設定できるのでご紹介します!

command+shift+5

このコマンドを押すことによって、オプション機能付きのスクリーンショットや撮影が行えます。

ここで表示されるオプションを選択して、保存先を変更するだけでOKです。

Mojave以前はターミナルでコマンド入力設定!

Mojave以前のMac OSを使っている場合は、ターミナルにて以下のコマンドを入力します。

~/SS/ の部分に自分が保存したい場所と入れ替えてコマンドとして入力します。例えば、[ピクチャ]フォルダに置きたい場合は「~/Pictures/」にします。

defaults write com.apple.screencapture location ~/SS/;killall SystemUIServer

デフォルトに戻す場合は以下のコマンドを入力します。

defaults delete com.apple.screencapture location;killall SystemUIServer

Mojave以降は簡単に変更できるので、楽になりましたね!