Visual Studio Code(略してVSCode)は初期状態で、折り返し表示がされていません。

折り返し表示というのは、テキストファイルやソースコードの書かれたファイルを開いたときに、同じ行に書かれた文字列が長い場合、折り返してくれます。

折り返し表示を毎回設定したい場合

Macではoption+zとなっていますが、ファイルを開いた状態では「Ω」が入力されてしまいます。

そこで、手っ取り早く変更するためには、メニューバーにある表示設定から変更すれば大丈夫です。

私は英語版でVSCodeを使っていますので、同じ環境という方であれば、

viewを開いて、Toggle word wrapを選択してください。

折り返し表示が完了します。

と言いたいのですが、これでは毎回設定を変更しなければ折り返し表示ができないので、とても面倒です。

ということで、デフォルトで折り返し表示する方法をご紹介いたします!

デフォルトで折り返し表示をする方法

先に紹介した方法だと、ファイルを開いた際に毎回設定をし直さなければなりません。

ということで、デフォルト設定を行う方法です。

メニューバーからCode -> Preference -> Settings の順に開きます。

左サイドメニューからExtensionsを選択。

Edit in settings.json を選択。

初期状態では下記のようになっています。

{
    "window.zoomLevel": 2,
    "files.watcherExclude": {
        "/Users/mbp/Documents/MyApp": true
    },
    "auto-rename-tag.activationOnLanguage": [
        

        "*"
    ]
}

下記を追加します。

"editor.wordWrap": "on",

追加したらこんな感じになります。

{
    "window.zoomLevel": 2,
    "files.watcherExclude": {
        "/Users/mbp/Documents/MyApp": true
    },
    "auto-rename-tag.activationOnLanguage": [
        

        "*"
    ],
    "editor.wordWrap": "on",
}

入力完了し、保存したら再起動。

折り返し表示が完了します!

快適ですね!!

参考記事 https://stackoverflow.com/questions/38561881/how-do-i-turn-on-text-wrapping-by-default-in-vs-code