まずは、自分が使っているWi-Fiのスピードを確認してみましょう!

サブスクリプション動画サイトでお馴染みのネットフリックス(NETFLIX)が提供しているインターネットのスピードを確認できるWebページがあります。

https://fast.com/ja/

計測結果はいかがでしょうか?

私は51Mbpsでした。

そして制限がかかると…

390kbpsに^^;

超低速なWi-Fiでも回線を安定させる方法があります。

試してみよう!Wi-Fiルーターの電波レベルを改善する方法

調理器具のボウルに入れておくことで通信状況が改善することもあります。

私の場合はアルミ板の上に乗せているので、ある程度はWi-Fi環境を安定化できています。

しかし、様々な制約があるWi-Fi。

買い替えよとなる訳ですよ。そして悩むんです、かなり。

Y!Mobile 504HWが最適であったが化石になりつつある

今使っているWi-FiはY!Mobileの504HWという機種です。

このWi-Fiは、一応Wi-Fiの業界内でこれ以上ないプランを提供してくれている機種で、家電量販店や他社の売り子の方々が、「あぁそれ以上コスパ良い通信プランはないですねぇ」と言われる程です。(いい奴は日本のどこかに存在しているはず…)

ですが、もうプラン自体が廃盤になっているため機種が壊れるまでという制限があります^^;

ポケットWi-Fiの良い点を活かすべく契約したのですが、不満点も沢山あります。かなり…

ポケットWi-Fiの良い点と悪い点

良い点

・外出時に大容量の通信が行える
・持ち運びができるので引っ越しをしても繋がる環境であれば継続できる
・複数台を同時に接続できる仕様が整っている
・使い放題に関しては制限以外の時間だとコスパ良いと感じる
・インターネットをオフにすぐできるのでデジタルデトックスできる

悪い点

・通信制限が発生する
・固定回線に比べて速度が遅い
・山間部や市街地でさえ繋がらない場所が多い、もはや繋がらない場所が多い
・悪い点を見ると月々が高いと感じる
・ソフトバンクがたまに大規模障害を起こすので大惨事

外出時と家の両方で使い放題の恩恵を受けられるのも大きなメリットだと感じています。

動画のアップロードやプログラミング、YouTubeの視聴など、かなり重めにインターネットを使っているので、使い放題は必須です。

しかし、使い放題というのは18時〜25時以外なのです。この仕様は本当に最悪。

なので、この時間以外で仕事をしまくるので、深夜から早朝、ちょっと寝て昼から夕方まで仕事するという悪循環に近い環境で行なっている訳です。

〇〇年縛り契約の悪夢

しかも契約に3年縛りがあるので、嫌になっても解約更新月にならないと違約金が発生するという。

まぁ、この作戦を考えた担当者は…(おっと危ない)

持ち運びできるインターネットとしては最強

でも、使い放題で持ち運び自由という観点では最高の相棒です。

取材旅の際には最高。

ノマドワーカー(遊牧民)になれます。

でも、そこにも弱点があります。

Wi-Fiのアドバンスモードが出る地域が限定される

山間部やサービスエリア、住宅地でさえエリア外でインターネットが繋がらないという最悪な仕様です。

とはいえ、高速エリアのアドバンスモードが繋がらないというだけであって、LTEモードと呼ばれる通信であれば繋がります。

ですが、LTEモードは月々使える使用量が決まっていて、オーバーしてしまうと翌月まで128kbpsに落ちるんですね…

だから、余程のことがない限りLTEモードには変更しません。かなり使って良い通信量が少ないです…

インターネット環境に悩んだ末の解決策

ポケットWi-Fiには良い点もあれば、最悪な悪い点も多数あります。

では、どうすればデメリットから脱することができるのか延々調べまくった結果。

いくつかのインターネット環境を考えつきました。

将来的にもポケットWi-Fi需要が増えるかどうか疑問ですが、改悪されるばかりで良くなりそうな雰囲気がないです。

次回はポケットWi-Fiの契約を終了させて、もっと良い環境を作りたいと模索しています。

今のところ、良いなと目論んでいるインターネット環境

外はスマホのテザリング お家は専用回線

スマートフォンにはテザリングと呼ばれる機能があります。

ただし、スマホを契約しなければならないので、結局初期費用がかかります。

もし、スマホを持っていてテザリングができないという方は、買い替えという方法を取る必要が出てきますね。

最初に痛い目を見て契約して、あとは快適という状態になるので覚悟は必要ですが、スマホのテザリングを使えば外出先でのインターネット環境は確保できます。

テザリングは万能?

テザリングがあればWi-Fiなんて要らないと思いきや、そういう訳にも行かないのが世の常。

テザリングの使用量は決まっている場合が多く、またそれ相応のデメリットもあります。

テザリングの良い点悪い点

機種や契約内容によって異なるので契約するモデルのプランはしっかり勉強しておきましょう。

良い点

・スマートフォンだけあれば良いのでスマートになる
・電話回線を利用するLTEと同じで繋がる範囲は広い
・手軽さ

悪い点

・電話がかかってきたらテザリングが使えない
・電池の減りに影響する
・通信量が何十GB程度なので重たい通信ができない

動画をアップロードしたりYouTubeを視聴したりが多い人であれば、すぐに制限容量に達すると思います。

使いまくる人にはWi-Fiが合っている…

ヘビーな使い方を望んでいる場合は、インターネットWi-Fiが無制限のポケットWi-Fiを利用する方が良い場合もあります。

外出先でWi-Fiを借りるという選択肢もあるんですが、公共Wi-Fiは危険なことも多く、私の場合は自分専用のWi-Fiでインターネットを利用していきたいのです。

となると、ポケットWi-Fiが優勢…

しかし、ソ〇〇バンクはなぁ〜と悩む場合。

最終的に落ち着くのが、UQ mobileです。

ちなみにインターネットがきちんと出るかどうか、機種を無料で借りることができるので、試してみる価値あります。

家では?

外出がほとんどない状況下であるならば、家では高速通信ができる方が良いかもしれません。

今までの世界情勢であれば、どこに行っても安心であったのですが、今は適当な場所で仕事するのはできなくなっています。

家が一番安心できる環境ですよね^^;

そうなってくると、家のインターネット環境を最強にすることでストレスが無く、作業を最大化できるという訳です。

光系の回線が最強か…しかし工事が必要

家に専用回線を引くとなると、光通信がやはり強いです。

工事無しならソフトバンクエアーがオススメだが…

ただし、工事が必要になるので、工事が嫌な人はコンセントに挿して置いておくだけというソフトバンクエアーなどの製品があるのでオススメかと思います。

しかし、ソフトバンク回線は評判が色々なので、少なすぎる他ブランドを選ぶ必要が出てきます。

結局工事が必要になってきます…どうなってんだ…

高速で安定した回線となると光ケーブルが候補に必ず上がる訳です。

中でもNUROは価格.comなどの評判も高く、オススメの光回線だと思います。

終わりの無いインターネット環境選び

このインターネット環境問題は終わりがないですね。困ったことに…

そんな中でも一番自分の使い方にピッタリな環境を作るために、今回ご紹介した情報の中でこんなのがあったんだという気づきがあれば幸いです。